SUN&TAG 介護ヴィレッジ緑区桶狭間 老人介護施設エリア

お知らせWhat’s New

「グループホーム虹色」の記事一覧

グループホーム虹色

管理者発表

2017.11.15
合同会議管理者発表

今月の合同会議での教育テーマは「管理者発表」でした。
合同会議の年間計画で「管理者発表」は年に1~2回あります。
今回はグループホーム虹色の管理者Sさんが担当でした。

私からのリクエストは「管理者の熱い思いを職員に伝えて欲しい」
と言うものでした。
テーマは「BPSDは介護の支援方法で"ゼロ"に出来る」

管理者Sさんは入社8年目になります。
介護福祉士、介護支援専門員の資格も得て
懸命に介護に取り組むやさしい性格の好青年です。

彼が入社して間もないころ外部研修に参加した際
そこで"ハットする言葉"を聞いたのだそうです。
その言葉は今も忘れることが出来ないとのことでした。
それが今回のテーマ「BPSDは介護の支援方法で"ゼロ"に出来る」


彼にとって忘れられない利用者様(以降A様)がいました。
昼夜逆転で深夜に必ず起きてきてはゴソゴソと動き出し
歩き回るA様を見て「なんでいつも毎晩おきてくるのかなぁ。
まいったなぁ」と思っていました。

ちょうどその時あの研修に参加したのです。
その人が一生懸命生きて来たその生活歴に思いを寄せながら
接すれば対応は変わる。

A様は輝いて働いていた頃、朝早くから元気よく頑張る仕事を
されていたのです。
未明に起きてこられてゴソゴソしているのはあの頃のように
一生懸命仕事をしようとしているのだろうな。
そう思うと「まいったなぁ」が「がんばって!」に変わったと。

但し同じ様な昼夜逆転、深夜徘徊のケースでも人により
対応がそれぞれ違うのは当然で、対応は千差万別です。
そこを色々考えより良い方向へ向かうよう工夫することが
大切なのだと。


また、ある他施設利用中の方(B様)からの相談で、ご本人面談のため
その施設を訪ねたとき、「こんな大変な人見れないよ」と
そこの施設長が言ったそうです。
彼はその言葉にとてもショックを受けました。

B様を受入れることにしました。
管理者Sさんはとても大変だったし困りもしました。
案の定、スタッフも疲弊しました。
色々試行錯誤しながら対応している矢先に
B様が体調を崩されて入院することになりました。
入院のため医療機関に同行する際B様があることを言ったそうです。
管理者Sさんはこの時の一言がこころに刺さったと言います。
この言葉を糧にして仕事をやって行うと決心したそうです。

残念ながらSさんはどんな言葉だったかは「言えない」と
頑なに教えてくれません。
でも人一倍謙虚で控えめなSさんのこと
きっと泣けるような一言だったのでしょう。


「傾聴・受容・共感」このことを大事にこれからも介護に
取り組むのだと言いました。
でも今ではムキになって取り組むより
「BPSDゼロは無理でもより良い介護を」と
肩の力を抜いた介護も考えられるようになったそうです。

グループホーム虹色

名古屋港水族館

名古屋港水族館を訪れました。

aqua.jpg

イルカの水槽の前で皆さん感動中。久ぶりです。青くて幻想的です。

aqua3.jpg

シャチの模型の前で勢ぞろい。名古屋港水族館と言えば「シャチ」

飼育はとても難しいそうです。購入費用は〇億円。

さすがに立派だねぇ~(゜o゜)

DSCN0276.jpg

jump.jpg

イルカのジャンプに歓声をあげました。

職員も総出で大変ですが、皆様の喜ぶ顔を見ると

やっぱりうれしいです。来て良かったと思います。

グループホーム虹色

早春の夕暮れ

長く影を伸ばす夕日に照らされたグループホーム虹色。

まだ寒いですが、ホームの中はやさしさに満たされてあったか

です。

P_20170316_170552_1_p.jpg

※左の白い建物です。壁に派手な看板が特徴です。

グループホーム虹色

虹色便り

毎月下のような「虹色便り」をご家族様に郵送しています。

記入欄には利用者様ごとにコメントを書きます。

担当者を設け、担当者が日々の観察を通し、ご家族様に安心していただけるよう

報告をします。

パンフ2img011.jpg

グループホーム虹色

仲間たちです

少し古い写真でごめんなさい。

七夕飾りの前で職員がにっこりしています。

職員紹介.jpg

カテゴリー

月別アーカイブ

page top